マンションの改修工事

リフォーム

大規模修繕はマンションの管理組合には大きな問題です。潜在的な劣化に対応し、入居者の合意形成を進め、工事をスムーズに進めて、今後もあるであろう大規模修繕を行う上で、建築事務所との関係は大切です。管理組合と建築事務所との関係が密であればあるほど、大規模修繕は質の高いものとなるのです。

詳しく見る

マンション運営上の注意点

作業員

マンションの住民にとって、大規模修繕工事は重要なものです。そのため、住民の理解を十分に得て進めることが重要です。また、経験豊富な業者を選ぶことで、円滑に工事を進めるとともに、次回の工事も見据えて効率的な実施が期待できます。

詳しく見る

修繕費を比較する

工具

数社から見積もりを取る

建物の大規模修繕を行うときに複数の業者から見積もりを取りましょう。大規模修繕と言えば、外壁塗装や特上防水などが主になり、給排水やガスの配管系統の点検や電気系統、防火防災装置などの点検なども含むでしょう。大型のマンションなどの場合、修繕費は毎月の積立金で賄われますが、個人宅や個人所有の建物の場合は自身で積み立てをしておく必要があります。10年、20年と時系列でメンテナンスを行わなければいけないため、費用は一番大きな問題となります。賃貸物件などの場合、家賃の一部を積み立てて修繕対策費用に回しましょう。大規模修繕を行うとなるとまずは業者を選ぶ必要があります。2社以上の業者から見積もりを取り、見積もり費用を比べましょう。使用されている材料と単価、工法、付随する費用など業者ごとに異なるはずです。また、スケーリング(計測)に違いが出ることもあります。単価を値打にして、建物の計測の水増しを行うケースは多いです。数社から見積もりを取ればおのずと正しい計測値が出ます。建物の洗浄や足場の掛け払いに養生費はもっとも業者間で価格差が付きます。これらの費用に相場が存在するも、明確な基準がないため、大きく費用が変わります。とくに足場や養生に関しては価格差が出ます。足場にも色々な工法がありますが、足場は作業効率にもかかわるため、正しく組み上げられることが大規模修繕を確かなものとします。ただし、大規模修繕でもっとも付随費用として掛かるのも確かです。個々の項目と料金を比較して費用を抑えた修繕としましょう。修繕の計画が建てられなかったり、住民に理解を求めることが難しければ、マンション管理会社の利用も考えておくといいでしょう。マンション管理会社は家賃の回収から入居者の募集、修繕計画などマンション運用に関して様々な業務を肩代わりしてくれるので、大家さんの負担が大きく減ります。

Copyright© 2018 大規模修繕の業者は比較検討が大事!【個人宅や個人所有の建物】 All Rights Reserved.